検索ワード入力
menu

ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数8閲覧数2,406
    ダウンロード数18
  • by yuu0820
内容説明 コメント(0件)

.『ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。』
ペスタロッチーは子供は生まれながらには未だ動物的で、この動物的衝動を根絶することこそが教育であるという古い考え方に反対し、ルソー同様に、子供には将来発展する素質が備わっており、この素質が発達するように助成するのが教育と考えた。
すなわち、真への認識、美の感情、全の力などこれらはすべての子供が生まれながら有しているものであり、子供の本性は白紙であるというロックのようなダブラ・ラサ説とは異なり、既に内的に能力を有しているのであり、これを自然に即して伸ばしていく、いわゆる「有機的・発生的」教育観を提唱している。「有機的・発生的」での、「有機的」とは子供の内的素質を重視するという点であり、「発生的」とは、自発的な成長を促しているという事である。
また、ペスタロッチーは人類の進化を自然的状態、社会的状態、道徳的状態にわけている。
まず無邪気さが現われ、次第に我欲のために粗暴になるにで、社会には我欲を抑える法秩序が求められる。さらに我欲が抑えられることによって、道徳的状態に到達するのである。つまりは、人間性が形成される時にこの道徳的状態に到達させることが教育の目的としているのである。
ペスタロッチーの教育方法の重要な柱として「直感の原理」があげられる。ペスタロッチーは直感はすべての認識の基礎であり、そのために教育方法はまずは直感的でなければ無くてはならないとしている。これは、ペスタロッチー自身が否定した、タブラ・ラサ説、特にロックも同様に最初になすこととして感覚的訓練を挙げているので、実は最初の団では煮ている部分もあるといえよう。しかし、この直感はまだ素材であり、この混沌とした素材に秩序を与え明瞭な概念にまで高めることが求められる。
 つまり、もっとも容易なことから始め、先に進む時にこれを完全に仕上げ、順序を追って進んでいくことで、僅かだが確かなものが蓄積されていくという事である。
 さらに、ペスタロッチーは直観が三要素から成り立っている事を発見しこれを「直感のABC」名づけている。「直観のABC」とはつまり、直感は、数、形、語の三要素からなっており、この三要素の基本的な部分を学習することが重要であるとしている。それゆえに、子供の教育においてはまずはこの三要素の学習から始めなければならないわけである
 この三要素の各々の領域について、「暗い直感から規定された直感に、規定された直感から明晰な表象に、明晰な表象から判明な概念に導くこと」が求められる。このように教育方法を根源的要素にまで遡って単純化することで、その要素から確実性を有する合自然的な教育の実行が可能になるとされている。
 では、この三要素の教授はどのように行われるべきなのであろうか。まずは数の教授から見てみよう、この目的はどれだけ多くの対象が目の前にあるのかを明確に学習することである。
 算術の基礎は1から10までの数の概念をはっきりと直観し得るように子供に見せることからであり、その上で足し算や掛け算、引き算に進むことができるとしている。
ここで注目したいのが、足し算の次に掛け算し、その後引き算をするという順番である。我々が受けてきた初等教育では、従来足し算の後に引き算をまなんでいる。しかし、ぺスタロッチーがここで掛け算を持ってきているということは、つまり数を増やすということを学んでしまった後、数を減らすということを学んでいるのである。
ペスタロッチーの教育論の根底にある単純な事象から、順序を追って複雑な事象へ進むということがここでも主

資料の原本内容

.『ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。』
ペスタロッチーは子供は生まれながらには未だ動物的で、この動物的衝動を根絶することこそが教育であるという古い考え方に反対し、ルソー同様に、子供には将来発展する素質が備わっており、この素質が発達するように助成するのが教育と考えた。
すなわち、真への認識、美の感情、全の力などこれらはすべての子供が生まれながら有しているものであり、子供の本性は白紙であるというロックのようなダブラ・ラサ説とは異なり、既に内的に能力を有しているのであり、これを自然に即して伸ばしていく、いわゆる「有機的・発生的」教育観を提唱している。「有機的・発生的」での、「有機的」とは子供の内的素質を重視するという点であり、「発生的」とは、自発的な成長を促しているという事である。
また、ペスタロッチーは人類の進化を自然的状態、社会的状態、道徳的状態にわけている。
まず無邪気さが現われ、次第に我欲のために粗暴になるにで、社会には我欲を抑える法秩序が求められる。さらに我欲が抑えられることによって、道徳的状態に到達するのである。つまりは、人間性が形成される時にこの道徳的..