検索ワード入力
menu
保険医療サービス

* 資料確認の場合テキストのみ見せる為正しく確認にはダウンロードをご利用してください。

保険医療サービス
「保険医療サービスの専門職にはどのようなものがあるか。それらについて具体的に役割を説明し、専門職同士の連携のあり方について説明しなさい。」
 平成元年の厚生省医療ソーシャルワーカー業務指針検討会による「医療ソーシャルワーカ業務指針」では、医療ソーシャルワーカーは、病院・介護老人保健施設・精神障害者社会復帰施設・保健所・精神保健福祉センター等、様々な保健医療機関に配属されているソーシャルワーカーであると広い範囲でとらえられるようになった。
 専門分化が進行している医療にとって、多職種多機関との連携が重要な要素となってきている。連携の種類には、「線の連携」と「面の連携」の2種類がある。
 前者の「線の連携」としては、慢性疾患の患者が増加するなかで、彼らのケアをするために病院内の多職種のスタッフがチームを組んでの連携である。「面の連携」は、社会の高齢化の進展とともに、治療を目的とした医療サービスのみならず、地域生活そのものを支えることを目的として福祉サービスを提供する専門職種の活動も求められるようになったという流れによる。一医療機関で完結していた医療サービスから、地域において機能分化した保健・医療・福祉機関との間で連携したネットワーキング(面の連携)へと変化してきた。医療ソーシャルワーカーは、所属機関ばかりではなく、外へ出て、関係機関や地域住民と連携して、地域の保健医療福祉のケアシステムの構築を図ることが期待される。
 医療ソーシャルワーカーの役割としては、「線の連携」においては、まず患者・家族の置かれている社会環境のアセスメントを行なうことである。また医療チームとしての能力や患者家族に与える影響力などもアセスメントする。保健医療サービスは、パターナリズムに陥り、患者の自己決定の機会を奪いがちになる。そのため、患者の希望が抑圧されていないかのアセスメントは必要とされる。このアセスメントを医療専門職に伝え、チームとして患者・家族の全体像をつかむことに寄与する。これを積み重ね、チームとして問題に対応していく。
 「面の連携」における役割としては、地域のアセスメントを行ない、地域の総合的なニーズを把握する。そのうえで、連携を実現するために必要な社会資源の評価をする。それをネットワーキングの仲間に伝えていき、新たにつながっていく可能性を追求する。また、所属する機関が地域のネットワークに入っていくための推進役にもなる。
ダウンロード ラインシェア EverNoteシェア