検索ワード入力
menu
骨髄炎

* 資料確認の場合テキストのみ見せる為正しく確認にはダウンロードをご利用してください。

骨髄炎
骨髄炎こつずいえんは、骨髄の炎症。細菌感染によるものがほとんど。原因菌としてはブドウ
球菌、緑膿菌、表皮ブドウ球菌、MRSAなどがある。化膿性骨髄炎ともいわれる。急性と慢性に分
かれる。
骨の組織に、細菌などの微生物が感染して化膿するもので、難治性の疾患である。
骨の外傷開放性骨折、複雑骨折、粉砕骨折、外科手術、骨髄穿刺、銃による外傷等などによっ
て、細菌が骨髄に入って増殖して炎症を起こす場合や、血流に乗って細菌が骨髄に達して増殖血
行性感染して骨髄炎となる場合がある。
そのほか、局所の血行障害糖尿病、褥瘡によって生じる皮膚の潰瘍では、バリアーである皮膚
が破壊されて骨への感染が起こる場合もある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia』
ダウンロード ラインシェア EverNoteシェア