検索ワード入力
menu

イギリスの社会保障について、わが国と比較して述べなさい

  • 会員770円l非会員924円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数3閲覧数6,085
    ダウンロード数76
  • by torute
内容説明 コメント(8件)

イギリスの社会保障について、わが国と比較して述べなさい   社会福祉国際比較

1.社会保障の概要
社会保障とは、国家が国民の生活を保障することであり、イギリスなど欧米では、「社会保障」という言葉は、現金を給付する所得保障制度を指す。所得保障のほかに医療保障や社会福祉、それに雇用、住宅、教育を含めた概念として、「社会サービス」がある。ここでは、イングランドの所得保障、医療保障を中心に論じることにする。
2.ベヴァリッジ報告とその具体化
 イギリスによる社会保障の創設は、1911年制定された「国民保険法」であり、その後、第二次世界大戦にだされた「ベヴァリッジ報告」により、イギリス型福祉国家の基本を確立したのであった。ベヴァリッジ報告が目指したものは、貧困の除去でありそのための最低生活保障であった。これを実現させるために行われたのが「社会保障計画」である。この計画は所得保障中心に設計されており、基本的ニーズを満たす制度として社会保険、特殊なニーズを満たす制度に国民扶助(公的扶助)、基本的ニーズを超えるものに対する制度に任意保険がある。

資料の原本内容

イギリスの社会保障について、わが国と比較して述べなさい   社会福祉国際比較
1.社会保障の概要
社会保障とは、国家が国民の生活を保障することであり、イギリスなど欧米では、「社会保障」という言葉は、現金を給付する所得保障制度を指す。所得保障のほかに医療保障や社会福祉、それに雇用、住宅、教育を含めた概念として、「社会サービス」がある。ここでは、イングランドの所得保障、医療保障を中心に論じることにする。
2.ベヴァリッジ報告とその具体化
 イギリスによる社会保障の創設は、1911年制定された「国民保険法」であり、その後、第二次世界大戦にだされた「ベヴァリッジ報告」により、イギリス型福祉国家の基本を確立したのであった。ベヴァリッジ報告が目指したものは、貧困の除去でありそのための最低生活保障であった。これを実現させるために行われたのが「社会保障計画」である。この計画は所得保障中心に設計されており、基本的ニーズを満たす制度として社会保険、特殊なニーズを満たす制度に国民扶助(公的扶助)、基本的ニーズを超えるものに対する制度に任意保険がある。ミーンズテストつきの選択的保障に頼らなくてもよいだけの最低..