検索ワード入力
menu

スターバックスコーヒーのマーケティング戦略・差別化戦略

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数3閲覧数25,234
    ダウンロード数165
  • by ichiro307
内容説明 コメント(7件)

事例.スターバックスコーヒーのマーケティング戦略・差別化戦略
スターバックスコーヒーは少々高いがおしゃれでゆったり出来るというイメージがある。上陸以来ものすごい勢いで成長してきた。スターバックスをマーケティング戦略という見地から検証した。スターバックスのマーケティングで一番大きいのは差別化戦略だろう。
以下に差別化戦略を挙げ分析する。

・製品、サービスの差別化戦略
スターバックスは日本で初めてのシアトル系コーヒーショップを展開した。今までのコーヒーショップとは違い、エスプレッソを元に加工した様々な種類のコーヒーを置き、しかも豆は世界最高級。また、サイドメニューは、生クリームたっぷりのケーキ、パスタなどは置かず、コーヒーに合うアメリカンテイストのクッキーやマフィン、クロワッサンなどを主に揃えている。コーヒーに入れる牛乳を低脂肪に変えられたり、オーダー後に自分で好みのトッピングができたり、とにかく誰もがコーヒーを自分の好みに限りなく近づけることができる。

資料の原本内容

事例.スターバックスコーヒーのマーケティング戦略・差別化戦略
スターバックスコーヒーは少々高いがおしゃれでゆったり出来るというイメージがある。上陸以来ものすごい勢いで成長してきた。スターバックスをマーケティング戦略という見地から検証した。スターバックスのマーケティングで一番大きいのは差別化戦略だろう。
以下に差別化戦略を挙げ分析する。
・製品、サービスの差別化戦略
スターバックスは日本で初めてのシアトル系コーヒーショップを展開した。今までのコーヒーショップとは違い、エスプレッソを元に加工した様々な種類のコーヒーを置き、しかも豆は世界最高級。また、サイドメニューは、生クリームたっぷりのケーキ、パスタなどは置かず、コーヒーに合うアメリカンテイストのクッキーやマフィン、クロワッサンなどを主に揃えている。コーヒーに入れる牛乳を低脂肪に変えられたり、オーダー後に自分で好みのトッピングができたり、とにかく誰もがコーヒーを自分の好みに限りなく近づけることができる。
また、店員をパートナーと呼び、教育を徹底している。これはスターバックスの差別化された組織戦略である。従来では、大きな会社になればなる程ピ..