検索ワード入力
menu

集団援助技術(グループワーク)の展開過程についてまとめよ。

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数3閲覧数8,605
    ダウンロード数65
  • by pirupeman
内容説明 コメント(6件)

1.はじめに
 集団援助技術(グループワーク)は、グループを対象としながら、同時に個人にも焦点を合わせた援助が展開される。その展開過程は、準備期・開始期・作業期・終結期の4つの段階に大別され、段階ごとに必要とされる準備やアプローチとが実践される。これらの過程を繰り返し行うことで、グループワークの目標を達成していく。そのため援助者は、一連の展開過程の中で時間の経過に沿った援助を、実践していかなければならない。以下で、集団援助技術の展開過程について述べる。
2.集団援助技術の展開過程〜準備期〜
 準備期とは、福祉施設・機関、病院、団体などにおいて集団援助の必要性が生じたことから、援助者が集団援助を開始するために、集団の計画を立て、クライエントたちに予備的な接触を始める段階までをいう。
 ?グループの形成計画
 援助者が最初に行うアプローチは、グループにおける計画を立案することである。計画立案の際は、クライエントのニーズ把握に基づくグループ援助の必要性の検討、グループの目的・目標の決定、そのグループにおける問題・課題の抽出(クライエントにとっての問題・課題、援助者や所属機関の考える問題・課題)を行い、明確にする。そして、グループ形成を行う。

資料の原本内容

集団援助技術(グループワーク)の展開過程についてまとめよ。
1.はじめに
 集団援助技術(グループワーク)は、グループを対象としながら、同時に個人にも焦点を合わせた援助が展開される。その展開過程は、準備期・開始期・作業期・終結期の4つの段階に大別され、段階ごとに必要とされる準備やアプローチとが実践される。これらの過程を繰り返し行うことで、グループワークの目標を達成していく。そのため援助者は、一連の展開過程の中で時間の経過に沿った援助を、実践していかなければならない。以下で、集団援助技術の展開過程について述べる。
2.集団援助技術の展開過程~準備期~
 準備期とは、福祉施設・機関、病院、団体などにおいて集団援助の必要性が生じたことから、援助者が集団援助を開始するために、集団の計画を立て、クライエントたちに予備的な接触を始める段階までをいう。
 ①グループの形成計画
 援助者が最初に行うアプローチは、グループにおける計画を立案することである。計画立案の際は、クライエントのニーズ把握に基づくグループ援助の必要性の検討、グループの目的・目標の決定、そのグループにおける問題・課題の抽出(クライエ..