検索ワード入力
menu

<明星大学通信教育部>458児童心理学3単位目

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数505
    ダウンロード数4
  • by ma2juky
内容説明 コメント(0件)

課題1 知能の発達に影響する環境的要因および心理的要因について述べなさい。
講評 簡潔にまとまっています。
課題2 フラストレーション耐性について説明し,その育成の要因について述べなさい。
講評 要点を示しています。

資料の原本内容

課題1 知能の発達に影響する環境的要因および心理的要因について述べなさい。
講評 簡潔にまとまっています。
課題2 フラストレーション耐性について説明し,その育成の要因について述べなさい。
講評 要点を示しています。
1 これまで知能とはおおよそ「抽象的な思考能力」「学習する能力」「新しい環境に適応する能力」の3つの考えに分けられていた。最近の動向としては,知能とは「環境への適応能力」とする考えがほぼ受け入れられている。そして,知能の構造についての研究は因子分析によって進められており,現在では最も有力な研究法である。この因子分析的研究でスピアマンは,一般因子,特殊因子の2因子説を唱えた。またサーストンはさらに詳細に7因子(数因子・知覚因子・空間因子・言語因子・語の流暢性因子・記憶因子・機能的因子)を基礎的精神能力として知能検査の基礎と考えた。
このように知能に関する意味や構造が研究される中で,当然知能の発達は遺伝と環境によっていることがわかったが,どちらが大きな影響を持っているかということには一致した見解はない。知能52%環境48%と考える説もある。  
知能の発達に影響する環境的要因..