検索ワード入力
menu

発達心理学① 「乳幼児期から老年期に至る発達の特徴について述べよ。」 課題レポートA判定

  • 会員1,650円l非会員1,980円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数9閲覧数2,019
    ダウンロード数18
  • by 健康運動指導士
内容説明 コメント(0件)

人は常に変化する存在である。母親の胎内で授精し、誕生から死に至るまでの過程で身体的にも精神的にも大きく変化していく。人は、誕生したばかりのときには全く無力な存在にみえても、子どもなりのやり方で世界を捉えようとしている。また発達の過程で、他者との関係のやり方や、ものの見方、考え方について、人としてよりよく生きていけるやり方を、教育やさまざまな経験を通して変化していくのである。
 連続して変化する発達の過程を時間の流れによって、いくつかのまとまりをつくりあげている。このまとまりを発達段階と呼ぶ。
 発達段階は、①胎児期、②乳児期、③幼児期、④児童期、⑤青年期、⑥成人期、⑦中年期、⑧老年期の8段階からなる。

資料の原本内容

「乳幼児期から老年期に至る発達の特徴について述べよ。」
 人は常に変化する存在である。母親の胎内で授精し、誕生から死に至るまでの過程で身体的にも精神的にも大きく変化していく。人は、誕生したばかりのときには全く無力な存在にみえても、子どもなりのやり方で世界を捉えようとしている。また発達の過程で、他者との関係のやり方や、ものの見方、考え方について、人としてよりよく生きていけるやり方を、教育やさまざまな経験を通して変化していくのである。
 連続して変化する発達の過程を時間の流れによって、いくつかのまとまりをつくりあげている。このまとまりを発達段階と呼ぶ。
 発達段階は、①胎児期、②乳児期、③幼児期、④児童期、⑤青年期、⑥成人期、⑦中年期、⑧老年期の8段階からなる。胎児期から青年期の過程の中で組織機能が完成していくことを上昇的過程と呼び、成人期から老年期の徐々に機能が衰えて死を迎えることを下降的過程という。
 以下に各発達段階において人が社会との関わりのなかで、どのように発達を遂げていくのかを考察していく。
①胎児期
 人は母親の胎内で授精した瞬間から人としての変化を始める。胎児は音を聞くこと..