検索ワード入力
menu

心理学研究法① 「心理学の研究法のうち、面接法と質問紙調査法について述べよ。」 課題レポートA判定

  • 会員1,650円l非会員1,980円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数9閲覧数2,274
    ダウンロード数10
  • by 健康運動指導士
内容説明 コメント(0件)

心理学研究法の一般的な方法は、何らかのデータを収集し、主に統計的手法によりそれらを分析することである。どのような調査方法を用いるのかは、その研究目的、研究領域によって異なる。ここでは、「面接法」と「質問紙調査法」について述べる。
 「面接法」は、何らかの目的のもとで、面接者と回答者が主に言語的手段を用いて相互作用を行うことである。インタビューとも呼ばれるが、その言葉に最もよく当てはまるのが「調査的面接」というもので、質的調査によるデータの収集を主な目的とする。この場合、面接場面や面接の手続きは標準化されており、個人よりも集団の特徴把握に焦点が置かれる。面接は目的に応じ、個人又は集団で行い、面接の進め方も厳密に統制されたものから緩やかなものまでさまざまである。

資料の原本内容

「心理学の研究法のうち、面接法と質問紙調査法について述べよ。」
 心理学研究法の一般的な方法は、何らかのデータを収集し、主に統計的手法によりそれらを分析することである。どのような調査方法を用いるのかは、その研究目的、研究領域によって異なる。ここでは、「面接法」と「質問紙調査法」について述べる。
 「面接法」は、何らかの目的のもとで、面接者と回答者が主に言語的手段を用いて相互作用を行うことである。インタビューとも呼ばれるが、その言葉に最もよく当てはまるのが「調査的面接」というもので、質的調査によるデータの収集を主な目的とする。この場合、面接場面や面接の手続きは標準化されており、個人よりも集団の特徴把握に焦点が置かれる。面接は目的に応じ、個人又は集団で行い、面接の進め方も厳密に統制されたものから緩やかなものまでさまざまである。
 また臨床心理やカウンセリングで用いられる面接は「臨床的面接」と呼ばれる。その目的は、援助対象者の相談内容をよく理解し診断することであり、さらに面接そのものが治療的役割を果たすといった複雑な側面をもっている。このような臨床的面接の特徴は、調査的面接とは著しく異なり、..