検索ワード入力
menu

スクールカウンセラーが行う学校カウンセリングの意義と効用について

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数3,069
    ダウンロード数22
  • by nkgmsst2005
内容説明 コメント(5件)

 今日学校が抱える様々な問題「いじめ」・「不登校」・「学級崩壊」などは、まさに社会を反映したものであり、もはや学校内部だけの問題ではないことは明らかである。
 こうした問題は、家庭・地域・学校相互の連携を強化し、「児童・生徒の理解を深める」ことに基づいて、社会全体の教育力を高めることによってのみ解決されると考えられる。
 児童・生徒は、もともと個性を持ったヒトであり、その価値観や人格は現代においてはより多様なものとなってきている。したがって様々な問題を解決するために、「心」の専門家であるカウンセラーの手によってできるだけ児童・生徒理解を深めることが必要である。こうした協力を得て、教師は生徒指導をより充実したものとすることができる。この点がスクールカウンセラー(以下SC)のもっとも大きな意義であると考えられる。
 このようなSCの具体的な効用は、?児童生徒・保護者への直接援助?コンサルテーションの有効性?専門家としての有効なスキル?校内研修を通してカウンセリングの理解が深まった?事例検討会で教師のもたない視点の提供?生徒には評価を加えない立場で相談できる人?教師と生徒・保護者との中間で援助・協力できるシステムとして存在していること、が挙げられている。このようにSCの効用は多岐に渡ることが分かるが、共通する点としてSCの個人を見る視点があるといえる。教師の全体性を持った視点(ともすれば画一化しようとする視点)だけでは、個性を持った児童・生徒の理解は不十分に終わってしまう。この点において外部の専門家であるSCの視点は尊重されなければならない。
 以上のようにSCは、児童・生徒理解に欠かせないカウンセリングを直接的に問題解決するだけでなく、学校現場に新たな視点を吹き込み、教師や保護者などに生徒に関わる全てにおいてコンサルティングするという意義のあるものであると考えられる。

資料の原本内容

スクールカウンセラーが行う学校カウンセリングの意義と効用について
 今日学校が抱える様々な問題「いじめ」・「不登校」・「学級崩壊」などは、まさに社会を反映したものであり、もはや学校内部だけの問題ではないことは明らかである。
こうした問題は、家庭・地域・学校相互の連携を強化し、「児童・生徒の理解を深める」ことに基づいて、社会全体の教育力を高めることによってのみ解決されると考えられる。
 児童・生徒は、もともと個性を持ったヒトであり、その価値観や人格は現代においてはより多様なものとなってきている。したがって様々な問題を解決するために、「心」の専門家であるカウンセラーの手によってできるだけ児童・生徒理解を深めることが必要である。こうした協力を得て、教師は生徒指導をより充実したものとすることができる。この点がスクールカウンセラー(以下SC)のもっとも大きな意義であると考えられる。
 このようなSCの具体的な効用は、①児童生徒・保護者への直接援助②コンサルテーションの有効性③専門家としての有効なスキル④校内研修を通してカウンセリングの理解が深まった⑤事例検討会で教師のもたない視点の提供⑥生徒には..