検索ワード入力
menu

コミュニティワークの意義や役割を解説し、福祉コミュニティ作りにおける地域福祉計画策定の意義や必要性の背景、またその課題について述べよ。

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数5閲覧数3,678
    ダウンロード数26
  • 最新修正日 2009/05/28 21:59
  • by rokusuke
内容説明 コメント(0件)

1.コミュニティワークの意義、役割について述べる。
 コミュニティワークは、地域住民などに共通する課題をとり上げて、組織的かつ計画的に解決することを目的とする。多様化する福祉ニーズに応えるためには、的確なケアマネジメントができるよう住民や公私機関の連携や調整が必要となる。そして、ニーズに即応できるサービスを提供するために、生活する地域に必要な資源の整備や開発が求められるまた、福祉ニーズ充足のためには、人々の理解や協力も不可欠であり、福祉活動への参加を働きかけ組織化することも重要な技術となる。このようにコミュニティワークは、地域社会の福祉ニーズや課題、福祉運営の課題に対応して

資料の原本内容

1.コミュニティワークの意義、役割について述べる。  コミュニティワークは、地域住民などに共通する課題をとり上げて、組織的かつ計画的に解決することを目的とする。多様化する福祉ニーズに応えるためには、的確なケアマネジメントができるよう住民や公私機関の連携や調整が必要となる。そして、ニーズに即応できるサービスを提供するために、生活する地域に必要な資源の整備や開発が求められるまた、福祉ニーズ充足のためには、人々の理解や協力も不可欠であり、福祉活動への参加を働きかけ組織化することも重要な技術となる。このようにコミュニティワークは、地域社会の福祉ニーズや課題、福祉運営の課題に対応して福祉援助の環境を整える技術であると言うことができる。 また、地域援助技術は地域社会の福祉問題やサービス資源の整備動向、福祉行政の在り方等、常にその時代の状況や現実に対応した援助技術となっている。したがって、地域社会がどのような福祉問題の解決を必要としているのか、福祉専門職としてどのような支援が必要かという現実的、実践的な課題を見据えながら考えることが重要となる。 さらに、地域援助技術は地域社会の文化や主体性を重んじる..