検索ワード入力
menu

「スターバックスのマーケティング戦略(セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング、4P)と今後とるべき戦略」

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数11,282
    ダウンロード数73
  • by white369
内容説明 コメント(1件)

スターバックスが参入する以前の日本の喫茶店は、個人経営の店が多く、ウェイターが注文をとりに来て、安価なコーヒーを頼むのが基本的な形態であった。その主な利用者は今よりも年齢層が高く、テイクアウトも行われていなかった。若者が気軽に立ち寄ることができるような店ではなかったといえる。
戦略グループは、少し時間を潰すと同時にくつろげる場所を提供するという観点からみた場合、ホテル内の喫茶店やファミリーレストランなどの飲食店がグルーピングできる。
(2)ターゲット
スターバッ

資料の原本内容

「スターバックスのマーケティング戦略(セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング、4Ps)と今後とるべき戦略」
(1)スターバックス参入以前の日本の喫茶市場のセグメント、戦略グループとそのセグメント
スターバックの戦略を分析するにあたっては、まず初めにスターバックス参入以前の市場がどのようなものであったかを確認しておく必要がある。なぜならば、どのような成長過程を経て現在のポジションを確立したのか、過去にいかなる戦略があり、どのような苦難があったかを理解しておかなければ、当然、今後の戦略を考えることはできなからである。
スターバックスが参入する以前の日本の喫茶店は、個人経営の店が多く、ウェイターが注文をとりに来て、安価なコーヒーを頼むのが基本的な形態であった。その主な利用者は今よりも年齢層が高く、テイクアウトも行われていなかった。若者が気軽に立ち寄ることができるような店ではなかったといえる。
戦略グループは、少し時間を潰すと同時にくつろげる場所を提供するという観点からみた場合、ホテル内の喫茶店やファミリーレストランなどの飲食店がグルーピングできる。
(2)ターゲット
スターバック..