検索ワード入力
menu

SDSポリアクリルアミドゲル電気泳動によるタンパク質の分離

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数4,525
    ダウンロード数4
  • by Robert
内容説明 コメント(0件)

SDSポリアクリルアミドゲル電気泳動によるタンパク質の分離
1.実験結果
タンパク質 分子量 泳動距離(cm) Phosphorylase b 97200 1.3 Bovine serum albumin 66400 1.8 Ovalbumin 45000 2.6 Carbonic anhydrase 29000 3.8 Soy bean Trypsin inhibitor A 20100 5.3 Lysozyme 14300 6.3 色素泳動距離6.9cm 泳動速度0.001533333cm/s
時間(分) 電圧(V) 0 85 30 155 60 200 75 214 電圧平均 163.5

資料の原本内容

SDSポリアクリルアミドゲル電気泳動によるタンパク質の分離
1.実験結果
タンパク質 分子量 泳動距離(cm) Phosphorylase b 97200 1.3 Bovine serum albumin 66400 1.8 Ovalbumin 45000 2.6 Carbonic anhydrase 29000 3.8 Soy bean Trypsin inhibitor A 20100 5.3 Lysozyme 14300 6.3 色素泳動距離6.9cm 泳動速度0.001533333cm/s
時間(分) 電圧(V) 0 85 30 155 60 200 75 214 電圧平均 163.5..