検索ワード入力
menu

慶應・金融論(2021年度)

  • 会員1,100円l非会員1,320円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数28閲覧数490
    ダウンロード数8
  • by satoutakeru
内容説明 コメント(0件)

慶應通信経済学部で合格をいただいた金融論のレポートです。2回目の提出での合格でした。

資料の原本内容

1
(1)
まず、株式 A と株式 Bの期待収益率(リターン)と標準偏差(リスク)を求める。
それぞれの状態が 1/3の発生することがわかっているため、株式 A と株式 Bの期待収益
率と標準偏差は次のようになる。
株式 Aの期待収益率は、0.33×6+0.33×8+0.33×4=5.94%となる。小数点第一位を四捨
五入し、6% とする。期待収益率の標準偏差は、分散の平方根を求めることで得られる。
まず、株式 Aの分散は、0.33×(6-5.94)^2+0.33×(8-5.94)^2+0.33×(4-5.94)^2=
2.6435。平方根は、2.6435=1.626…であるため、小数点第三位を四捨五入し、標準偏差
は、1.63%とする。
一方、株式 Bの期待収益率は、0.33×7+0.33×3+0.33×11=6.93% となる。小数点第一位
で四捨五入し、7% とする。株式 B と同様に、期待収益率の標準偏差は、分散の平方根を
求めることで得られるため、株式 Bの分散は、0.33×(7-7)^2+0.33×(3-7)^2+0.33×
(11-7)^2=10.67。したがって..