検索ワード入力
menu

○地域福祉論3単位目(優)

  • 会員660円l非会員792円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数4閲覧数175
    ダウンロード数0
  • by starseed23
内容説明 コメント(0件)

資料の原本内容

1
地域福祉論 3単位目 評価/優
(課 題)
地域福祉実践における福祉ニーズに基づいた社会資源活用法・調整・開発について述べよ。
(解 答)
近年、生活困窮者の自立支援や8050問題など、生活の課題が多様化・複雑化してい
る。既存の制度やサービスでまかなえない住民のニーズに対し、包括的に対応する社会の
しくみの整備が行われる。ソーシャルワーカーとして、個人のニーズに対応するため既存
の社会資源の活用に加えて、社会資源の調整や開発が求められている。ここでは、それら
の役割を理解するために、それぞれ項目ごとに見ていきたい。
1.福祉ニーズはどこにあるか
福祉ニーズは地域住民の中でも高齢者や障がい者といった人々の中にあるだろう。しか
し、それらの福祉ニーズは誰が把握しているのだろうか。その答えとして、社会福祉協議
会、民生委員、住民組織などの組織等が福祉ニーズの理解に努めていると言えよう。まず、
社会福祉協議会の活動は,住民ニーズに立脚すること,住民の地域福祉ヘの関心の喚起と
自主的取組みをすすめることが基本である。住民の正しいニーズを把握し、住民主体とし
て活動するために、..