検索ワード入力
menu

○精神保健福祉援助技術総論I1単位目(優)

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数4閲覧数162
    ダウンロード数0
  • by starseed23
内容説明 コメント(0件)

資料の原本内容

精神保健福祉援助技術総論 I 1単位目 評価/優
(課 題)
わが国の精神保健の歴史的変遷を踏まえ、精神保健福祉士の国家資格化の意義について述
べてください。
(解 答)
精神保健の歴史の中で、精神保健福祉士(以下、PSWとする)の役割が明確し、国家資
格化の意義が固められていったプロセスがあると考える。その歴史の一部を振り返りなが
ら、3つの側面をあてて PSWにおける国家資格化の意義を述べたい。その3つの側面とは
PSWの裁量権の明確化、PSWの価値の定義化、公益社団法人日本精神保健福祉士協会(以下、
日本 PSW協会)の国際化である。
まず始めに、社会的入院が問題になった歴史的背景について述べたいと思う。1960 年代
に精神衛生法が制定され、長年行われてきた私宅監置が禁止になり、都道府県の精神科病
院の設置が義務づけられた。民間の精神科病院を建設するための国の経済援助などの背景
もあり、その後全国の精神科病院は急激に増え続けることとなった。またその頃、経済的
困窮者を精神科に入院させたことで国内の入院者数は増加し、受け入れ先がないための入
院の長期化が問題となった。 ..