検索ワード入力
menu

自由レポート(在学契約に関するもの)A+

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数1閲覧数370
    ダウンロード数0
  • by あかり
内容説明 コメント(0件)

早稲田大学の法の基礎理論の講義の自由レポートです。
評価はA+でした。
自由レポートの題材が決まっていない方、早く終わらせて自分の勉強がしたい方にお勧めです。
よろしくお願い致します。

※本レポートは実際に私が作成し、単位取得をしたものですが、あくまでも参考程度としてお使いください。昨今の剽窃事情から丸写しは避けて頂いたほうが無難です。ノークレームの自己責任でお願いします。
なお、自由レポートであり、自分作成であるため参考文献等の記載なし

資料の原本内容

科目名:
氏名:
学籍番号:
1 初めに
在学契約の成立時期、及び入学料の性質が主な問題であると考え、その点に絞って検討
を加えることとした。
2 在学契約の成立について
多数の裁判例が存在しているが、概ね、学生側の入学の意思表示が外部から客観的に明
らかとなった時点で認められる。つまり、入学料の納入、その後の入学手続書類の提出の
どちらか、又はその両方をもって在学契約の成立と認められる(こう考えることで入学料
の免除、猶予申請の場合も対応可)。この点、裁判上では必ずしも明らかとなっていないも
のの、入学料の納入の時点で在学契約が成立すると考えることは、その後の書類提出の法
的性質..