検索ワード入力
menu

A6109:日本国憲法:第一設題 :佛教大学

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数5閲覧数297
    ダウンロード数0
  • by こちょん
内容説明 コメント(0件)

佛教大学の日本国憲法に関する合格済みのレポートです。
レポートを書く際の参考にしてください。

資料の原本内容

(1)
テキスト とネ ットで 調べる ことの 可能 な範囲 でレポ ートを 仕上げて いま
す。私自 身の 考えも 含まれ ていま すの で、そ うした 部分は ご自身の 考え
を反映さ せ、 あくま でレポ ートを 書く上 での 参考と してく ださい。
設題 法 の下 の平等 につい て
「 人間は 生ま れなが らにし て平 等だ」 という 思想は 、古く ギリシ ア時
代 に起源 を持 ち、憲 法にお いて保 障さ れるま でには 長い年月 がかか って
い る。平 等と いう考 え方を 法とし ては っきり と示す ことを「 法の下 の平
等 」と言 いい 、アメ リカ独 立宣言 やフ ランス の人権 宣言で、 やっと 平等
が 明文化 され 「法の 下の平 等」が 近代憲 法の 基本原 則となっ た。
日 本にお いて 法の下 の平等 とは 、日本 国憲法 三章 14 条で「 すべ ての国
民 は、法 の下 に平等 であつ て、人 種、 信条、 性別、 社会的身 分又は 門地
に より、 政治 的、経 済的又 は社会 的関 係にお いて、 差別され ない。 」と
..