検索ワード入力
menu

八洲学園大学 図書館情報資源概論 科目修得試験課題 成績【優】

  • 会員1,100円l非会員1,320円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数4閲覧数345
    ダウンロード数0
  • by スープ弁当
内容説明 コメント(0件)

八洲学園大学 図書館司書コース 
[図書館情報資源概論]
2021年秋期 科目修得試験課題
履修後の成績:優

問題:
市区町村立図書館における地域資料(郷土資料、地方行政資料等)のコレクションの構築と提供について、その意義や留意すべき点、課題や将来的な展望について考察せよ。その際、市区町村立図書館で取り組まれる実際の事例を取り上げ、得られた気づきを工作に加えること。<3,000字程度>

2947字/3000字程度

このまま丸写しで提出はせず、参考資料として使ってください。

資料の原本内容

図書館情報資源概論 2021年秋期 科目修得試験課題 成績【優】
問題:
市区町村立図書館における地域資料(郷土資料、地方行政資料等)のコレクションの構築と提供について、
その意義や留意すべき点、課題や将来的な展望について考察せよ。その際、市区町村立図書館で取り組まれ
る実際の事例を取り上げ、得られた気づきを工作に加えること。<3,000字程度>
2947字/3000字程度
「市区町村立図書館における地域資料のコレクション構築と提供について」
1. はじめに
地域資料とは、『図書館情報学基礎資料 第3版』(樹村房)によると、「当該図書館が存在する地
域内の出版物および地域に関する歴史や現状を知る上で有効な資料」とある。「図書館法」や「図書館の設
置及び運営上の望ましい基準」において、図書館は郷土資料や地方行政資料などの地域資料の収集・整備や
電子化に努めるものとされている。ここでは、市区町村立図書館におけるそれら地域資料のコレクションの
構築と提供について、その意義や留意点、課題、および将来的展望について考察していく。
2. 地域資料の重要性
図書館法や文部科学省による..