検索ワード入力
menu

発達心理①~④

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数7閲覧数267
    ダウンロード数1
  • by senri
内容説明 コメント(0件)

明星大学 通信教育部のPA1070発達心理学の1発合格レポートになります。
1単位目+2単位目(計4課題)セットにしてあります。

以下、レポートの評価になります。
1単位目)よく書けています。
2単位目)概ね書けています。
2単位目の課題①のみレポート作成において記載したほうが良い内容について指導を頂いたので文章の最後にその内容を載せております。

※注意
・そのまま引用はせず、あくまで参考にしてください。

資料の原本内容

1 単位目 課題①
発達は遺伝によって規定されるのか、それとも環境によって影響されるのかという論争は
心理学の歴史の中でも長く続いてきた。現在ではどちらかに重点をおいて説明するのでは
なく、遺伝と環境の相互作用によって発達が生じるという考えが当たり前になった。そこ
に至るまでに 4 つの説が唱えられており、それらをまとめていきたい。
ワトソンは、発達は経験と学習といった生後の環境によって決まることを提唱している。
これを環境優位説と呼ぶ。この環境優位説を痛烈に批判したのがゲゼルである。ゲゼルは
子どもの行動の変化は多様であるが、系列と秩序をもって一定の方向に向かっていく。つ
まり、環境は発達の進行を支え、特殊化させるものではあるが、個体発生の基礎的な形や
系列を生み出すことはないという成熟優位説を唱えている。
その後シュテルンにより、遺伝か環境かいずれか一方が発達に規定するといった環境優
位説や成熟優位説といった単一要因説が否定された。シュテルンは、発達は遺伝も環境も
ともに作用するという輻輳説を唱えた。輻輳説とは、どのような形質の発現にあたっても、
つねに遺伝と環境の両要因が関..