検索ワード入力
menu

面接の構造と技術をまとめ、考察

  • 会員770円l非会員924円
  • Adobe® PDF
  • ページ数2閲覧数379
    ダウンロード数1
  • by imonoris07
内容説明 コメント(0件)

資料の原本内容

面接の構造と技術に対する考察 1500 字程度
面接における構造とは、インテーク、アセスメントなどソーシャルワークプロセスの進行
によってクライエントの理解、情報収集、信頼関係の構築、具体的な支援計画の合意形成、
モニタリングなどが組み合わされることになると考える。このような面接内容は、一般に以
下の三種の実地方法が想定される、構造化面接では事前に質問内容や面接の順序などを明
確に決め、そのとおりに面接する形である。非構造化面接は、事前に面接の内容を全く決め
ず、面接場面で臨機応変に面接する形である。最後に、半構造化面接では構造化面接と非構
造化面接の中間的な形であり、ある程度事前に面接内容を決め、面接中の必要性に応じて臨
機応変に対応を行う形である。
次にソーシャルワークにおける面接の技術としては来談者中心アプローチの提唱者であ
るロジャース(Rogers.C.R.)は、カウンセリングの基本的態度として示している率直な気
持ちと態度で話し手に向き合う純粋性、批判や非難の目を向けることなく、受容的な態度で
話し手に接する受容的態度、話し手の「ものの見方・考え方」にそって理解しようと..