検索ワード入力
menu

セルフヘルプグループ(自助グループ)」に対する精神保健福祉士のサポートや役割

  • 会員770円l非会員924円
  • Adobe® PDF
  • ページ数2閲覧数386
    ダウンロード数0
  • by imonoris07
内容説明 コメント(0件)

資料の原本内容

「セルフヘルプグループ(自助グループ)」に対する精神保健福祉士のサポートや役割につ
いて考察 1500 字程度
(はじめに)
セルフヘルプグループとは厚労省によると、「同じ問題をかかえる人たちが集まり、相互
理解や支援をし合うグループ」と定義している
(1)。一般に、心身障害や依存症、犯罪被害、
慢性疾患、アルコール、薬物など何らかの生活課題や生きにくさを抱えた当事者やその家族
のグループである。基本的には同じ問題を持つメンバーが顔の見える小集団として活動し、
AA などの全国組織に展開することもある。岡はセルフヘルプグループでの同じ体験の共有
を「わかちあい」と表現し、分かち合いには「気持ち、情報、考え方」の三つの要素が存在
すると述べている
(2)。つまり、グループでは相互に分かち合いの中で、専門的な援助関係
における「支える側」「支えられる側」という枠組みを超えた相互作用として気持ちや情報、
考え方が共有されることによって、仲間同士の共感が行われ自尊心や自己効力感を感じる
ことで当事者の問題解決能力の向上が見込まれる。そのため、対等な関係であるメンバーの
中で自分の回復だけで..