検索ワード入力
menu

A〇評価/放送大学/心理学実験2「自由再生における系列位置効果」

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数4閲覧数249
    ダウンロード数0
  • by まりん
内容説明 コメント(0件)

放送大学面接授業「心理学実験2」2022年度のA〇レポートです。詳細は、東京文京学習センターのクラスコードXをシラバスでご確認ください。

参考文献はありません。図表は全て実験結果に基づく自作です。

資料の原本内容

放送大学 心理学実験2レポート
レポート課題:
実験3 自由再生における系列位置効果
実施日: 年 月 ~ 日
提出日: 年 月 日
学生番号:
提出者氏名:
指導者:
序論
呈示された項目のリスト内の位置によって、記憶の再生率に違いが見られることを系列
位置効果という。系列位置効果の中には、最後のほうの項目が最もよく再生される「親近
性効果」、最初の項目が再生されやすい「初頭効果」という現象がある。
この系列位置効果がなぜ見られるのか、その理由については、記憶の二成分モデルが指
摘されている。それによると、記憶の貯蔵庫には短期貯蔵庫と長期貯蔵庫の二種類があり、
記憶されたばかりの刺激は短期貯蔵庫に貯蔵され、やがてより永続的な記憶の貯蔵庫であ
る長期貯蔵庫に移される。このモデルに基づくと、呈示されたリストの項目はまず短期貯
蔵庫に貯蔵され、十分な反復(リハーサル)を行うことが出来れば長期貯蔵庫に移される。
つまり初頭効果は、最初の方に提示された項目が長期貯蔵庫に貯蔵されているために、
見られると言える。一方で最後の方に提示された項目は、短期貯蔵庫に移されたばかりの..