検索ワード入力
menu

A〇評価/放送大学/心理学実験2「大きさの錯視」

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数4閲覧数203
    ダウンロード数0
  • by まりん
内容説明 コメント(0件)

放送大学面接授業「心理学実験2」2022年度のA〇レポートです。詳細は、東京文京学習センターのクラスコードXをシラバスでご確認ください。

参考文献はありません。図表は全て実験結果に基づく自作です。

資料の原本内容

放送大学 心理学実験2レポート
レポート課題:
実験1 大きさの錯視
実施日: 年 月 ~ 日
提出日: 年 月 日
学生番号:
提出者氏名:
指導者:
序論
私たちは、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・皮膚感覚などの感覚を通して、外界の情報を得て
いるが、外界の情報を必ずしも客観的に知覚することは出来ていない。知覚された対象の
性質・関係が、対象の客観的な性質・関係と著しく異なることを錯覚と言い、視覚におけ
る錯覚を特に錯視と言う。
最も有名な錯視に幾何学的錯視がある。エビングハウス(Ebbinghaus )は、相対的な大
きさの知覚に関する錯視を検証し、同じ大きさの中心図形の周辺を、大きな図形が囲む場
合には中心図形が小さく知覚され、小さな図形が囲む場合には中心図形が大きく知覚され
ることを示した。
エビングハウスの指摘の通りであれば、中心図形と条件図形の大きさの比率が大きくな
ればなるほど、錯視は見られやすくなるはずである。そこで本実験では、錯視の見られや
すさを錯視量という数値で表す。錯視量とは、実験参加者が「同じに見える」と判断した
時点における中心図形の面積と、..