検索ワード入力
menu

下記の言葉をすべて用いながら、統計的仮説検定について述べよ。

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数140
    ダウンロード数0
  • by ナルト大好き
内容説明 コメント(0件)

作成者は博士後期課程に在籍しております。

資料の原本内容

下記の言葉をすべて用いながら、統計的仮説検定について述べよ。
「母集団」・「標本」・「帰無仮説」・「対立仮説」・「有意水準」
<母集団と標本について>
日本人の飲酒量を検討したいと考えた場合,すべての日本人飲酒量を測定するのは非現
実的で不可能である.このように,飲酒量にかかわるすべての日本人に該当する集団全体
のことを母集団という.一方で,標本とはこの母集団から抽出された一部の集団を指す. こ
の標本を用いて母集団の性質を推測することを推測統計学といい,取得したデータを用い
て,グラフや表などを用いてデータの特徴を示すものを記述統計学という.記述統計学は,
データの表現手法として有用な方法であるが,実際にあるデータのみを扱うため,ある対
象の全体の把握または推測できないという欠点がある.推測統計学はある標本を用いて母
集団の性質を推論することにより,記述統計学の欠点を克服することができる.
<帰無仮説と対立仮説、有意水準について>
前述したように,対象とした標本はあくまでも標本であり,母集団ではない.標本を用
いてグループ間に差や関連性があるといえるかという問いに対して,客..