検索ワード入力
menu

相談援助演習3「社会福祉士として必要な価値と倫理について、具体的な場面などを通して記述しなさい。」

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数4閲覧数636
    ダウンロード数3
  • by シェルぽん
内容説明 コメント(0件)

社会福祉士養成校の講義「相談援助演習3」の課題レポート「社会福祉士として必要な価値と倫理について、具体的な場面などを通して記述しなさい。」

資料の原本内容

社会福祉士養成校 相談援助演習3
課題「社会福祉士として必要な価値と倫理について、具体的な
場面などを通して記述しなさい。」
「社会福祉士及び介護福祉士法」には、社会福祉士とは「専
門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があ
ること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障が
ある者の福祉に関する相談に応じ、助言・指導・福祉サービス
を提供する者または医師その他の保健医療サービスを提供する
者その他の関係者との連携及び調整その他の援助を行うことを
業とする者」とされている。社会福祉士に求められている業務
は、相談・助言を中心として、環境との調整や社会への提言な
どと、多岐にわたることを示している。その中で、社会福祉士
として何を価値とするのか、そのためには何をすべきで、何を
してはいけないのか、それを導くのが倫理であろう。対象者の
代弁者であり、社会との仲介者であり、社会に対する調整者で
ある立場に立って、自らの仕事に対し必要とされる、技術や専
門的知識は当然必要であるが、それ以上に、自分が対象者にと
って必要な存在であるとの価値を見出すことは技術・知識以上
に..