検索ワード入力
menu

社会福祉士養成校 児童や家庭に対する福祉支援制度 レポート課題

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数5閲覧数183
    ダウンロード数0
  • by シェルぽん
内容説明 コメント(0件)

社会福祉士養成校の講義「児童や家庭に対する福祉支援制度」のレポート課題です。
課題「近年のわが国における児童・家庭を取り巻く環境や家庭の役割・機能の変化を踏まえ、子ども家庭福祉とは何かを論述しなさい。」

資料の原本内容

社会福祉士養成校 児童や家庭に対する福祉支援制度 課題
「近年のわが国における児童・家庭を取り巻く環境や家庭の役
割・機能の変化を踏まえ、子ども家庭福祉とは何かを論述しな
さい。」
近年の児童・家庭をとりまく環境は大きく変化している。児
童一人一人の生活に対しても、イジメや虐待の問題、脱ゆとり
教育によるカリキュラムの増加などがある。家庭では、核家族
やひとり親家庭による孤立がみられ、少子高齢化により小学校
の児童数は都市部にいくほど減少し、地域の活動は活動の中心
を担う人々が高齢化しているため、多くの地域で活動が停滞し
ている。公園や空き地などの外での遊びが減少し、不審者・変
質者・誘拐などへの警戒のため外で遊ぶ機会も少なくなってい
る。
かつて、子供が最初に築く社会は、兄弟であり家庭であった。
兄弟の中で、自分の意見を主張することや、諦めること、互い
に助け合うこと、一緒に何かをすること、分け合うことを覚え
ていった。年長者は教えることやまとめること、かばうことを
覚え、最初のコミュニティの中で成長していく。
年少者は、従うことを覚え、かばわれることで安心感を得て、
両親以..