検索ワード入力
menu

2022年 明星大学 通信 知的障害教育総論 「優」合格レポート 2単位目

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数3閲覧数97
    ダウンロード数0
  • by tanpopo_yama
内容説明 コメント(0件)

課題
①知的障害児を対象とした特別支援学校と特別支援学級の教育課程に関し概説せよ。
②知的障害者の就労支援及び生涯学習の現状と課題に関し、述べよ。

☆教員からのコメント付きです。よりよいレポートを作成してください。

※丸写しで不合格になった方がいらっしゃいます。”参考”にしてください。

資料の原本内容

【知的障害者教育総論】
① 知的障害児を対象とした特別支援学校と特別支援学級の教育課程に関し概説せよ。
特別支援学校の教育課程には、各教科、特別活動等の通常の小学校等に設けられている
教育内容とともに「障害による学習上又は生活上の困難を克服し自立を図るために必要な
知識技能を授けること」(学校教育法第 72 条)に関わる「自立活動」が設定されている。
そのため、教育課程の実施に当たっては、幼児児童生徒の障害の状態や特性および心身の
発達の段階等を十分配慮し、必要に応じて指導内容の精選等を行う必要がある。知的障害
者である児童生徒を教育する特別支援学校の各教科は、通常の小学校等の目標及び内容と
は別建てで示されている。特徴としては①各教科等の目標及び内容は、学年ではなく段階
別に示している。②小学校の教科は 6 教科(生活、国語、算数、理科、図工、体育)を 6
年間通して履修し、3 年生以上には外国語活動を必要に応じて設ける。③中学部では、小学
部に 2 教科(社会・職業家庭)を加えた 8 教科と、外国語科や必要な教科を設けることが
できる。④教科等を合わせて指導することもできる。..