検索ワード入力
menu

佛教大学リポート 「マスコミ論」(大場)

  • 会員880円l非会員1,056円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数382
    ダウンロード数3
  • by ひめひめ
内容説明 コメント(0件)

2020年度前期の課題リポート(第一設題)
「マスコミュニケーションが果たしてきた役割を整理したうえで、ネットによる情報収集・発信の長所・短所がきちんとまとめられている。」と、指導教官から頂いたリポート。

資料の原本内容

2020 年度 佛教大学
テキスト履修 「情報ビジネス」 リポート
第一設題 『マスコミュニケーションがこれまで日本社会で果たしてきた役割を挙げ、それはインターネットの出
現によってどのように変化しつつあるかを論じなさい。』
マスコミュニケーション(mass communication)は、主に新聞、テレビ、ラジオなどの情報伝達めための媒体を利
用して、一般人・不特定多数の方に向け、多くの情報を伝えることにあたる。これが、日本社会とくに情報産業の
発展に著しく貢献しつつあるが、これらのツールは、一方通行的に一般大衆向けに、人々の娯楽と欲求を満た
すため、さらに快適な生活の取得と生活基盤の向上、情報の収集に、大きな役割を果たしてきた。伝達手段毎
に、昭和の時代に代表される大衆伝達手段をいくつか挙げて比較すると、その経緯と使命もよくわかる。1945年か
ら1960年にかけてリードしていた新聞は、情報を即時に流していくには翌日になるため、すぐにはたらきかけられる
ものでなければ遅々として蓄積される情報でもないツールで、一方出版は定期的な刊行物をもつため、どちらかとい
うと遅々として蓄積..