検索ワード入力
menu

佛大 情報ビジネス 合格リポート

  • 会員880円l非会員1,056円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数3閲覧数365
    ダウンロード数2
  • by ひめひめ
内容説明 コメント(0件)

2020年度 佛教大学前期の課題リポート。「新聞産業について述べており、新聞の特性を考慮しながら歴史的変容や問題点、課題などを議論している点が興味深い。また、日本社会において新聞が果たしてきた役割について、きちんと指摘している点も評価できる。」と評価。参考にしてがんばって書いてください。

資料の原本内容

佛教大学 テキスト履修 「情報ビジネス」 第一設題 リポート
マスメディア(テレビ、ラジオ、新聞、出版)産業の中から1つだけを選択し、その産業の歴史的な変容や今日の課題、
今後の可能性について、具体的な例をあげながら記せ。
情報伝達のための手段であるメディアには、今日まで多くの人に愛され親しまれて発達してきているもの
が多いが、その中で、私は、新聞について述べていくことにする。
新聞は、戦後の1945年から1950年にかけて、人々の開放的気分を上長させ、戦後に生きる世代
に出版と共に特徴づけたメディアである。この新聞は、個人的経営で拡大することができ、戦後の人々
の開放的気分をさらに発散させられるメディアホルダーとして活躍してくることができた。さらに、不特定
多数の人々に配布されることで情報伝達手段の確立伸長ができたこと、主な情報を新聞から得るという
システムが十分に整理されてきたこと、ニュースの価値判断の拠り所として公共的使命に重点を置いて
販売できたこと、読者を完全に受け身の状態にして新聞としての使命を果たすことができたことも、この
時期の主流メディアとして大成できた点である..