検索ワード入力
menu

2020年度佛教大学 コンピュータ論 合格リポート

  • 会員990円l非会員1,188円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数3閲覧数292
    ダウンロード数5
  • by ひめひめ
内容説明 コメント(0件)

2020年度テキスト履修による合格リポートです。「ハードだけではなく、ソフト面にも注目されていて良いレポートだと思います。お疲れさまでした。」と、成績評価の厳しい長尾先生から好評価をいただいたものです。

資料の原本内容

佛教大学 テキスト履修 T5255 コンピュータ論
第一設題
コンピュータの処理速度を上げるには、どのような方法があるか、具体的なケースに即して述べよ。
入力装置を使って人がコンピュータに指示を出したとき、速やかに処理してくれる方がよい。具体例を述べる
と、パソコンのデスクトップ上から、インターネット接続して、動画を保存してから開いて視聴する操作までし
たいとき、目的とする画面が表示されるまでの時間が短いと、コンピュータの処理速度は高いといえる。逆にそ
の時間が長いと、人はストレスを感じ、処理速度の良いコンピュータを望む。その意味から、コンピュータの処
理速度を上げる手法を知ってつきあうことができると、パソコンはじめコンピュータ処理に役立つ。なお、ここ
でいうインターネット接続は、最も近年は通信技術が発達しているため、どの会社のどの通信速度をもつ回線の
どのサービスプランを選択するかによって処理速度が異なってくる点は言うまでもない。ほかにもパソコンを通
じてアプリケーションソフトを起動する時に時間がかかると、処理速度に関してさまざまな問題が生じてくる。
その点も含めて、ここでは、..