検索ワード入力
menu

教育心理学

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数3閲覧数418
    ダウンロード数6
  • by ko307580
内容説明 コメント(0件)

佛教大学 教育心理学 合格済みのレポートです。
2022年度シラバス対応 最新版です。

本レポートを参考に自身の経験を織り交ぜてご利用下さい。
※内容の丸写しは絶対にお控えください

○参考文献
神藤貴昭・橋本憲尚(2019)「新しい教職教育講座 教職教育編④ 教育心理学」ミネルヴァ書房

資料の原本内容

リポート設題
教師の勢力資源およびリーダーシップの捉え方について説明し、それらを踏まえて学年(あるいは校種)
に応じた児童生徒への指導行動・コミュニケーションのとり方について考察しなさい。(3200 字程度:2800
~3600 字厳守)
教師の持つ勢力資源、リーダーシップが児童生徒に大きな影響を与えており、本レポートでは、それら
の特性や必要性や児童生徒への指導行動・コミュニケーションのとり方について考察する。
まず、教師の勢力資源およびリーダーシップの捉え方について説明していく。
担任の教師が変わることにより、クラスの雰囲気、児童生徒の雰囲気が変わることがあり、教師の影響
力によるものだと考えられる。
この教師の勢力資源には主に次の 7 つが挙げられている(狩野・田崎、1990、118-119)。
①親近・受容:親近感や被受容感に基づく勢力資源
②外見性:教師の外見的容姿のポジティブな評価に基づく勢力資源
③正当性:教師の行動を当然とすることに基づく勢力資源
④明朗性:教師の性格上の明るさに基づく勢力資源
⑤罰:教師に対する畏怖の感情に基づく勢力資源
⑥熟練性..