検索ワード入力
menu

明星大学 通信 教育心理学 2単位目

  • 会員540円l非会員648円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数130
    ダウンロード数0
  • by 明星の右腕
内容説明 コメント(0件)

【課題】
学習意欲(動機づけ)を支えるメカニズムに関する様々な理論に基づき、児童生徒の学習意欲を向上させるための教育実践の在り方について述べなさい。

一発合格レポートになります。参考文献は配布された教科書中心ですので、ぜひ参考にしてみてください。

資料の原本内容

本稿では、学習意欲を支えるメカニズムに関する様々な理論に基づいて、児童生徒の学
習意欲を向上させるための教育実践の在り方について述べる。
まず初めに、学習意欲とは何なのか明らかにする。人間には、基本的な欲求と社会的な
欲求が存在する。基本的な欲求は、食事や睡眠などの生理的欲求が代表的であり、好奇心
などの内発的欲求も含まれる。一方の社会的欲求は、友人と仲良くしたい親和欲求、他者
に認められたい承認欲求などが例として挙げられる。学習意欲がどちらの欲求に当てはま
るかは、意欲の動機付けが内発的か外発的かどうかによって変わることが考えられる。ま
た、様々な欲求時点では具体的な目標があることは少ないが、何かしらの動機付けがされ
ることで、具体的な目標や行動が定められ、欲求を満たすまでの一定のプロセスが出来上
がる。
ここからは、学習意欲を支える動機付けの理論について述べる。動機づけの視点から、
内発的動機づけと外発的動機づけの 2 つによって分類されている。内発的動機づけとは、「理
科の実験に興味があるから勉強する」というような、人の内側にある知的好奇心や楽しみ
から学習に向かうことを示し..