検索ワード入力
menu

東北福祉大学通信 児童・家庭福祉論【良】評価 児童相談所の機能と市町村の役割について

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数596
    ダウンロード数1
  • by 現役講師
内容説明 コメント(0件)

介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、介護支援専門員等の福祉を学ぶ方々の参考に使えると思います。

評価【良】のレポートです。
課題把握 内容理解【A】評価です。

課題:「児童相談所の機能と市町村の役割」児童・家庭福祉の相談援助活動と児童・家庭福祉制度について、といりわけ児童福祉の専門機関としての位置づけられている児童相談所の機能と役割について述べよ。(H26年)

内容:児童相談所の歴史と概要をまとめ、近年の子どもに関する問題と児童相談所の役割の問題について考察した内容です。

皆様の学習の参老人考になりますように☆

資料の原本内容

1
児童・家庭福祉論
(課題)
課題名「児童相談所の機能と市町村の役割」
児童・家庭福祉の相談援助活動と児童・家庭福祉制度について、とりわけ児童福祉の
専門機関としての位置付けられている児童相談所の機能と役割について述べよ。
(解答)
児童福祉において市町村は、保育所等の児童福祉施設が設置され、保育の実践を行っ
ている。また母子手帳交付、1歳6ヶ月児、3歳児の健康診断など妊産婦・乳幼児の保険
業務を行っている。2005(平成 17)年4月からは、都道府県が設置した児童相談所などで、
一般的な子どもの相談窓口としての相談業務、調査、指導、また児童福祉に関する実情の
把握・情報の提供を行っている。また、市町村長の事務部長として、条例により社会福祉
関係を担う部署が置かれている。福祉事務所は、市と特別区には設置義務があり、町村は
任意設置となっている。
児童福祉は、戦後の貧困や孤児など保護する必要なある児童の保護・養育を中心として
発展してきた。しかし近年では、核家族化や地域社会や親類との関わりが希薄などによっ
て、様々な問題を抱える家庭が増加している。家庭の中で問題を抱え込む..