検索ワード入力
menu

東北福祉大学通信 社会福祉援助技術演習A【良】評価 社会福祉士として求められるものについて

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数696
    ダウンロード数1
  • by 現役講師
内容説明 コメント(0件)

介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、介護支援専門員等の福祉を学ぶ方々の参考に使えると思います。

評価【良】のレポートです。
課題把握 内容理解【A】評価です。

課題:「演習A」のスクーリングを受講しての自身の振り返りを行いながら、社会福祉士として求められるものをまとめなさい。(H26年)

内容:ロールプレイ、グループワークの感想と学びについて、また演習参加の学びから社会福祉士の課題と今後のセイン方法について考察した内容です。

皆様の学習の参老人考になりますように☆

資料の原本内容

1
社会福祉援助技術演習 A
(課題)
「演習 A」のスクーリングを受講しての自身の振り返りを行いながら、社会福祉士として
求められるものをまとめなさい。
(解答)
「演習 A」の実習を受講して始めのロールプレイングで初対面での隣の人の他己紹介は、
言葉では簡単だが、実際はとても難しいものだった。まず、相手への質問内容である。相
手を理解するということは、何をどのように知る事なのか。考えた事が無かったため、何
を質問して良いのかわからなかった。相手への自己紹介の場面では、相手が何を知りたが
っているのかを考えてしまい、何を話して良いのかわからなかった。冷静に考えると、自
己紹介では相手の知りたい事では無く、自分の知って欲しい事を話せば良かったのだと思
う。相手への質問内容も身構えせずに、雑談の中からでも相手を知る事は出来るのではな
いかと思った。しかし、そのときには頭で考えすぎ、相手を軸に考えてしまった。これが
自分の考えの傾向だと知る事が出来た。今まで自分の考え方の傾向を考えた事もあったが、
実際の場面を体験する事で、しっかり自分を理解する事が出来た。
グループワークで一..