検索ワード入力
menu

東北福祉大学通信 地域福祉論【良】評価 社会資源活用法・調整・開発について

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数3閲覧数694
    ダウンロード数0
  • by 現役講師
内容説明 コメント(0件)

介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、介護支援専門員等の福祉を学ぶ方々の参考に使えると思います。

評価【良】のレポートです。
課題把握 内容理解【A】評価です。

教員の方からは「地域福祉実践における福祉ニーズに基づいた社会資源活用法・調整・開発について、様々な調査などの手法とその結果に基づくコーディネート手法などを軸に、説明されています」と評価を頂きました。

課題:地域福祉実践における福祉のニーズに基づいた社会資源活用法・調整・開発について述べよ。(H27年)

内容:地域福祉課題からニーズの調査法、社会資源の活用方法を考察した内容です。

皆様の学習の参老人考になりますように☆

資料の原本内容

1
地域福祉論
(課題)
地域福祉実践における福祉のニーズに基づいた社会資源活用法・調整・開発について述
べよ。
(解答)
近年の地域での福祉課題として、人口減少や高齢化に伴う過疎化、高齢者夫婦・単身世
帯の増加、老老介護、共働き夫婦の増加や、アパート等で単身にて育児をしている育児孤
立や養育の問題などがみられる。そして、障害者の社会参加や就労の問題も取りざたされ
ている。新たな課題として、ホームレス、家庭内暴力や虐待、若年層のフリーターや非正
規雇用問題、自殺や引きこもり等があげられる。このように福祉のニーズの内容は、経済
的ニーズ、保健・医療ニーズ、教育的ニーズ、就労・社会活動ニーズ等があり様々なニー
ズがあり広範囲に及んでいる。ニーズには顕在的ニーズと、本人に自覚が無く表面に現れ
てきていない潜在的ニーズが含まれている。これらのニーズを把握する為には調査を行う。
個別の相談援助業務から把握する事も出来るが、地域全体の福祉課題やニーズを適切に把
握する事が出来る。調査には、量的調査、質的調査の2種類がある。量的調査は、地域全
体の多くの情報を収集し、一定の統計処理による数..