検索ワード入力
menu

東北福祉大学通信 社会調査の基礎【良】評価 社会福祉における社会調査について

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数370
    ダウンロード数0
  • by 現役講師
内容説明 コメント(0件)

介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、介護支援専門員等の福祉を学ぶ方々の参考に使えると思います。

評価【良】のレポートです。
課題把握 内容理解 評価【A】です。

課題:社会福祉における社会調査の今日的役割について、歴史的経緯も踏まえて説明しなさい。(H27年)

教員からは、「全体的によくまとめられています。参考・引用文献を明示するようにしましょう。自身の考察を区別すると理解しやすくなります」と評価をいただきました。

皆様の学習の参老人考になりますように☆

資料の原本内容

1
社会調査の基礎 1単位目
(課題)
社会福祉における社会調査の今日的役割について、歴史的経緯も踏まえて説明しなさい。
(解答)
社会調査は、紀元前にピラミッド建設のために古代エジプトで行われた数量調査や中
国・イスラエルの人口調査や租税調査や農地調査など「政治・行政上の目的をもった調査」
センサス(census)を起源とすることができる。1748 年にはスウェーデンにて国勢調査が
行われた。1790 年にはアメリカで継続的・全国的な国勢調査が行われ、その後 19 世紀半
ばまでに多くの国で国勢調査が行われるようになった。また、11 世紀のイングランドでは
英国全土の私有地、財産、産物の一覧表「王国土地台帳」を作成し、国土誌が誕生してい
たことを示している。日本では、大化の改新の後や江戸時代に人口調査等が行われていた
記録が残っている。このように、「政治・行政上の目的をもった調査」は租税徴収など統治
するために行われてきた統計調査のことである。
また、1777 年のハワードによる監獄調査、1855 年ル・プレーによる労働者の家計調査、
19 世紀後半から 20 世紀初頭に..