検索ワード入力
menu

東北福祉大学通信 児童・家庭福祉論【優】評価 子ども虐待の現状と対策について

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数3閲覧数366
    ダウンロード数2
  • by 現役講師
内容説明 コメント(0件)

介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、介護支援専門員等の福祉を学ぶ方々の参考に使えると思います。

評価【優】のレポートです。

課題:日本における子ども虐待の現状とその対策について述べよ(H26年)

教員からは、「虐待は子どもの今と未来を傷つける行為です。トラウマ治療も重要です」と評価をいただきました。

キーワード:基本的人権、未成年後見、家族、要因、要保護児童対策地域協議会、虐待防止ネットワーク、児童相談所、支援方法など・・・

皆様の学習の参老人考になりますように☆

資料の原本内容

1
児童・家庭福祉論 1単位目
(課題)
課題名「子ども虐待の現状と対策」
日本における子ども虐待の現状とその対策について述べよ。
(解答)
近年、児童虐待については社会的に大きな問題となっている。大人と同様に子どもにも
基本的人権が保障されなければならない。子どもは一般的に未熟で心身ともに他者に傷つ
けられやすい存在であるため、大人に比べて特に手厚い保護が必要である。
児童虐待とは、児童虐待の防止等に関する法律第2条において、保護者(親権を行う者、
未成年後見人その他の者で、児童を現に観護するものをいう。)がその観護する児童(18 歳
に満たない者をいう。)、に対し次に掲げる行為をすることとし、身体的虐待、心理的虐待、
性的虐待、ネグレクトの4つの行為を挙げている。まず、身体的虐待とは非偶発的な、殴
る、蹴る、蹴る、縄などにより一室に拘束するなど、反復的・継続的な子供の身体に外傷
として表れる暴力行為である。心理的虐待は、軽蔑、非難、脅しなど言葉で子供の人格を
否定する行為や、著しく傷付ける行為を習慣的に行う行為である。また、兄弟(姉妹)間
での差別など、無視や子供の不..