検索ワード入力
menu

東北福祉大学通信 福祉法学【優】評価 日本国憲法の基本的人権と国民主権について

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数3閲覧数554
    ダウンロード数0
  • by 現役講師
内容説明 コメント(0件)

評価【優】のレポートです。

課題:日本国憲法の基本原理の基本的人権と国民主権について述べなさい。(H26年)

教員からは、「基本原理の判例を踏まえて的確に論じられており、ここまで論じられれば特に問題はありません」と評価をいただきました。

キーワード:民主政治、天皇主権、民主主義、国民主権原理、明治憲法、君主政治、アメリカ独立宣言、フランス人権宣言、福祉国家、現代憲法、マクリーン自krン最高裁判決、など・・・

皆様の学習の参老人考になりますように☆

資料の原本内容

1
福祉法学 1単位目
(課題)
日本国憲法の基本原理の基本的人権と国民主権について述べなさい。
(解答)
日本国憲法は、平和で民主的な政府を作るため、1946年(昭和21年)11月3日
に公布され翌年5月3日に施行された。日本の民主政治の基礎である。戦前の天皇主権を
否定し、軍国主義の反省をもとに戦争を放棄し平和を強く希求したものとなっている。国
民主権、基本的人権の尊重、平和主義は日本国憲法の基本原理である。
国民主権とは、民主主義とほぼ同じ意味で、国の政治の決定権は国民が持ち、政治は国
民の意思に基づくという原理である。日本国憲法全文の中の「主権が国民に存すること」
という形で国民主権原理が示されている。議会制のもとで国民が主権者として政治に参加
するために、選挙権がある。国会議員の選挙(日本国憲法第43条第1項)、地方公共団体
の長および議会の議員の選挙(日本国憲法第93条第1項)、最高裁判所裁判官の国民審査
(日本国憲法第79条第2項・第3項)などが憲法で認められている選定の権利である。
日本国憲法第15条第3項により、いずれも成年者よる普通選挙が保障されている。..