検索ワード入力
menu

福祉と人権のかかわり

  • 会員540円l非会員648円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数4閲覧数405
    ダウンロード数11
  • by ねねみ
内容説明 コメント(0件)

レポート作成の参考になれば幸いです。
2021年度 佛教大学 W0101現代福祉社会論 テキスト履修 

資料の原本内容

現代福祉社会論の第1章、第2章、第3章を熟読しよく理解し、その内容を踏まえて、「福祉
と人権」のかかわりについて、説明しなさい。
1.福祉
福祉とは、「快い暮らし」という意味であり、一人ひとりが幸福と感じることをその人自
身が決定し、その人自身がそれを実践できるように追求していくことの社会的基盤であり、
その機会、その条件となる努力であるといえる。福祉の実現は、社会福祉だけが目指して
いるのではなく、公共政策や社会の歩みそのものが福祉を目指しているのである。
また、福祉では、基本的人権である「人間が人間として当然にもっている基本的な権利」
が条件であり、基盤となっている。基本的人権は、1945 年に日本国憲法が施行されたこと
により、保障された。日本国憲法第11条では「国民は、すべての基本的人権の享有を妨
げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利と
して、現在及び将来の国民に与えられる。」と規定され、また、第97条では「この憲法が
日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって、
これらの権利は、過去幾多の試練..