検索ワード入力
menu

【2021年下期提出 評価:A】大阪芸術大学 通信教育学部 特別活動指導法_第2課題

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数4閲覧数115
    ダウンロード数0
  • by music_reportist
内容説明 コメント(0件)

・課題内容
 学校行事における体験活動(非日常的な場面・空間における行事)を行う際に
 その体験の質を高めるための、事前・事後指導における留意点を具体的に
 あげよ

・提出日:2021年11月

・評価:A

資料の原本内容

提出日:2021 年10 月25 日
授業名 特別活動指導法
タイトル 学校行事における体験活動を行う際の質を高めるための
事前、事後指導における留意点について
2
1. はじめに
本レポートでは、学校行事における体験活動を行う際に、その体験の質を高めるた
めに、必要な事前・事後指導の留意点を具体的に述べる。
2. 体験活動とは
体験活動とは、社会体験、自然体験などの直接体験をさし、各教科以外の時間に
使われるものである。体験活動の目標は望ましい集団活動、即ち集団生活を営む過
程にある体験をすることであり、その前提に基づき、小学校、中学校、高等学校と
それぞれ、内容を設定し学校教育目標等との関連性を考えて、どのような力を身に
付けさせたいか考えて、体験活動の単元構成をしていく。
3. 体験活動において重要なこと
この体験活動を行う上で、重要な点は「意味のある経験」、子どもが経験した体
験を、人間的な成長における意味として感じてもらうことだ。つまり教員は経験を
介して、科学的認識の発達を促す指導をしていく必要があり、その為には体験活動
においての事前、事後指導が重要な..