検索ワード入力
menu

【2021年下期提出 評価:B】大阪芸術大学 通信教育学部 教育方法論_第1課題

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数5閲覧数97
    ダウンロード数0
  • by music_reportist
内容説明 コメント(0件)

・課題内容
 ①現代における教育技術のあり方について、その意義・目的と方法・性格などについて述べること

・提出日:2021年11月

・評価:B

資料の原本内容

提出日:2021 年10 月27 日
授業名 教育方法論
タイトル ①現代における教育技術のあり方について(意義・目的と方法・
性格)
2
1. はじめに
本レポートでは、選択①現代における教育技術のあり方について、意義・目的と方
法・性格という観点から論述していく。
2. 現代における教育技術のあり方について
(1)教育技術とは
まず、教育技術とは人間(=教師)の力量を構成する「高い教養、優れた人格、教
育技術」の三要素の内の一つで、教師の専門的な力量としてのあり方を詳しく検討
する必要がある領域である。
また、教師としての力量、つまり教育技術を身に着けるために、大学教育の一環
として行われる教育実習は、極めて重要な過程であるが、熟練した教師から技能を
学ぶことに留まってよいのかを検討する必要がある。教育実習が大学教育の一環と
して行われている以上、科学的な教育研究を基礎として、理論的に妥当性・合理性
を追求することができる、教師の要請を目的として行われるべきである。
(2)教育技術のあり方についての意義・目的
まず、境域技術は学として、教育学、教授学があり、こ..