検索ワード入力
menu

【2021年下期提出 評価:B】大阪芸術大学 通信教育学部 教育学概論_02課題

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数7閲覧数93
    ダウンロード数0
  • by music_reportist
内容説明 コメント(0件)

・課題内容
 現代の中等教育をめぐる諸課題の中で、あなたが最も関心を持つ課題を一つ取り上げ、参考文献の内容を参照しつつ論述しなさい

・提出日:2021年10月

・評価:B

資料の原本内容

提出日:2021 年9月18 日
授業名 教育学概論
タイトル 中等教育における課題【教員の働き方】について
2
1. はじめに
本レポートでは、中等教育における諸課題のうち、【教員の働き方】について論述
していく。
2. 考察
(1)現状と課題
近年、教員の労働時間について世間で騒がれているが、特に中等教育における教
員の勤務時間は、非常に顕著にその問題が現れている。例として、2016 年の実績を
見てみると、中学校教諭の平均学内勤務時間は 1 ヶ月あたり約 63 時間で 10 年前と
比較すると、約 10 時間以上も勤務時間が増加している。また、この実績には持ち
帰りでの業務時間は含んでおらず、実態はこれ以上に勤務していると言える。また、
特に激務だとされている、中学校教員の 6 割が過労死ラインの月 80 時間以上の超
過勤務を行なっているという実態もあり、中等教育における教員の働き方は大きな
課題であると言える。
(2)原因
教員の働き方に、なぜこのような長時間労働の問題が発生してしまうのであろう
か。それは、以下 3 点が原因であると考えられる。
3
..