検索ワード入力
menu

東京理科大学 2020年度 2年次一般化学実験 7. 比熱と反応熱の測定 レポート S判定

  • 会員660円l非会員792円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数8閲覧数94
    ダウンロード数0
  • by カトレア_理科大生
内容説明 コメント(0件)

2020年度版の2年次一般化学実験でSを取ったレポートです。
本レポートを参考に自身の記述を織り交ぜてご利用いただけると幸いです。 ※内容の丸写しは絶対にお控えください

資料の原本内容

一般化学実験結果報告書
題目 7. 比熱と反応熱の測定
提出者氏名
科 組
学籍番号
配信日 令和 2年 5月 20日
提出日 令和 2年 5月 26日
評点
1. 要旨
二つの熱量計(A、B)を用いて熱量計 Aの熱容量を求めたところ、66.2(J/K)であった。
1
熱量計 A の銅容器に水を入れて温めた金属を入れて比熱を求め、おもりの色や
Dulong-Petti の法則より金属の種類を推定すると鉛、銅、アルミニウムの比熱はそれぞ
れ 0.155、0.374、0.922 (J/g・K)となった。1.5
アンモニア水と塩酸のそれ
ぞれ 100mlを熱量計 A内で反応させ中和反応によるエンタルピー変化を求めたところ―
50.5(KJ/mol)となり、塩化アンモニウムを熱量計 A内でイオン交換水に溶解させること
でその溶解におけるエンタルピー変化を算出すると+10.9(KJ/mol) となった。
これにより塩化アンモニウムの生成熱の実測値は-307.9(KJ/mol)と分かり、これは理
論値と少し誤差が生じていたがおおむね精度は良かった。
そして設問にて温度計の..