検索ワード入力
menu

精神保健の課題と支援 薬物依存症対策と精神保健福祉士ができる対応について

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数111
    ダウンロード数0
  • by シェルぽん
内容説明 コメント(0件)

精神保健福祉士養成校のレポートです。
課題
薬物依存症対策と、精神保健福祉士ができる対応について、1000文字~1200文字でまとめなさい。

資料の原本内容

課題
薬物依存症対策と、精神保健福祉士ができる対応について、1000 文字~1200 文字でまとめ
なさい。
日本の薬物乱用における近年の特徴として、有機溶剤乱用・依存症の激減、覚せい剤乱
用・依存症の横ばい、危険ドラッグの登場と急増などがあげられる。日本において長年の
薬物問題の中心であった有機溶剤乱用による患者は 1991 年には薬物乱用患者の 4 割を占め
ていたが 2016 年には 1 割以下となった。覚せい剤乱用患者は 2009 年から 2019 年にかけて
微減しているが大麻の乱用患者が微増しているため薬物乱用患者の総数は横ばいである。
危険ドラッグは既に規制されている麻薬や覚醒剤の化学構造を変えた物である。あたかも
身体影響が無く安全であるかのように誤解されがちであるが麻薬よりも危険な成分が含ま
れている事もある。法の網をくぐり抜ける為に「お香」「ハーブ」「アロマ」などと偽装販
売されている場合もあり、カラフルなパッケージが危険な薬物に見えないため若者を中心
に浸透していると推測される。実態が不透明なため法律や制度が至らず警察の介入が困難
である。都市部の保健所では雑..