検索ワード入力
menu

【最新】東京理科大学 2021年度 物理化学実験 D2 アルカリによる酢酸エチルの加水分解 レポート S判定

  • 会員660円l非会員792円
  • Adobe® PDF
  • ページ数20閲覧数157
    ダウンロード数0
  • by カトレア_理科大生
内容説明 コメント(0件)

2021年度版
物理化学実験でSを取ったレポートです。
本レポートを参考に自身の記述を織り交ぜてご利用いただけると幸いです。 ※内容の丸写しは絶対にお控えください

資料の原本内容

1
物理化学実験報告書
実験題目
D-2 アルカリによる酢酸エチルの加水分解反応
実験形態
対面(不要な方を削除すること)
レポート提出日
2021 年 7 月 10 日
執筆者
科 クラス 組
学籍番号 実験班番号 氏名
班員
共同実験者様許可済み
学籍番号 氏名
学籍番号 氏名
学籍番号 氏名
学籍番号 氏名
2
1. 要旨
シュウ酸二水和物 0.31513 g からシュウ酸標準溶液9.9986 × 10
−3 mol/Lを 250 mL、水酸化ナト
リウム 0.8197 g から水酸化ナトリウム水溶液 1 L を調製し、標準溶液 10 mLを水酸化ナトリウム
水溶液で中和滴定したところ水酸化ナトリウム溶液の濃度が1.992 × 10
−2 mol/Lであった。そして
この濃度に合わせて酢酸エチル 0.8776 g を量り取り酢酸エチル水溶液1.992 × 10
−2 mol/L を 500
mL調製した。
次に 25.0 ℃、35.0 ℃、43.8 ℃でそれぞれ水酸化ナトリウム水溶液と酢酸エチル水溶液をそれぞ
れ 40 mL ずつ混合し、..