検索ワード入力
menu

地域福祉の理論と方法①

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数198
    ダウンロード数3
  • by tilma
内容説明 コメント(0件)

【科目】地域福祉の理論と方法【課題】コミュニティ・ソーシャルワークについて述べよ【採点結果:A判定】
そのままの提出はお控えください

資料の原本内容

コミュニティソーシャルワーク理論の源流は、イギリスのバークレイ報告(1982 年)
に求められることが一般的である。わが国においてコミュニティソーシャルワークが注目
されるようになってきたのは 1990 年代以降で、社会福祉制度が大きく変換する状況の中、
大橋謙策によってその概念を踏襲し、新しい地域福祉の考え方として発展することとなる

コミュニティソーシャルワークの特徴において重要な点として①クライエントの個別
性を尊重し、地域での自立支援を行う為にクライエント・家族・地域の生活環境等を踏ま
えた全体的な視点に立ちアセスメントを行い、又権利擁護の視点に立ち地域生活の維持・
発展に努めてい..