検索ワード入力
menu

8月提出済み スポーツ論

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数3閲覧数109
    ダウンロード数0
  • by みりたろー
内容説明 コメント(0件)

佛教大学 【最終試験】合格済みのレポートです。
本レポートを参考に自身の経験を織り交ぜてご利用いただけると幸いです。
※内容の丸写しは絶対にお控えください

○佛教大学通信教育課程のレポートをまとめていますので
是非、お気軽にご覧ください!お役に立てれば幸いです!

資料の原本内容

第一章 自己の運動体験を通して獲得したもの
私は4歳~20 歳まで競技者として、21 歳~現在は指導者として主にバレーボールを行い、
経験の為に水泳、野球も行っていた。人がスポーツを始める動機は多種多様である。例え
ば、「誘われた・メディアによって・好奇心・興味等々」多くの価値観がある。
私の場合水泳では、(4 歳~11 歳)親の勧めにより行いました。水泳では自身の命の守り
方を知り、水中での動き方、体の効率の良い動かし方、運動の楽しさを知ることができた。
これからの人生の中で水とは切っても切れない関係であり、学生である時は水泳の授業や
旅行で海に行く等、生きていく上で必要なことを獲得できた。
野球、(13 歳~15 歳)中学校の部活である。当初はバレーボールへの入部を希望してい
たが部が存在しておらず、メディアでもよく見ることができる野球に興味を持ち入部した。
野球では、屋外での身のふるまい、体調管理、連帯感、道具の扱い方を知ることができた。
中学校では初めて先輩という存在を認識させられ、自分は後輩というものに位置づけられ
た。技術面はもちろんだが主に精神面を成長させるための場..