検索ワード入力
menu

慶應通信 刑事政策学 レポート

  • 会員990円l非会員1,188円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数5閲覧数982
    ダウンロード数5
  • by aotooo
内容説明 コメント(0件)

慶應通信合格レポート 
課題:薬物犯罪の自己使用犯
※丸写は禁じます。
※参考程度にお使いください。
※剽窃等に関しては当方は一切関知致しません。
※添削内容に従って内容を変更しております。

資料の原本内容

刑事政策学(2020 年)
はじめに
人は病気の治療や健康維持のために種々の薬物を摂取している。それに伴って多くの成
功事例が存在する。もっとも、規制薬物、いわゆる大麻やコカインなどの摂取は人に害悪
をもたらし、それだけにとどまらず、国家や社会引いては国家間への影響も観念しうる。
そのため、規制薬物に対しては規制をするほかない。その反面、薬物の自己使用に対して
は、刑罰を課すべきか、治療をするべきかが大きな論点となるが、主に、欧米諸国におい
ては、非刑罰化、つまり治療がもっとも最善の策であるとし、アジア諸国においては、治
療をもってしても完治することは難しく、それよりも刑罰を課すことにより、社会的に「規
制薬物は行ってはいけないもの」という認識をさせ、歯止めをかけることに重きが置かれ
ている。
第1章:刑事法上の対応の現状について
日本を含めたアジア諸国の多くの国が、自己使用犯に対して、何らかの処罰を設けてい
る(例えば、覚せい剤取締法など)が、西欧諸国においては、自己使用犯を処罰しない傾
向にある。これに関しては、ドラッグ・コート思想(有罪判決を受けた薬物犯罪者に拘禁
刑と薬..