検索ワード入力
menu

情報サービス論2021年春期第1回課題レポート①②

  • 会員1,100円l非会員1,320円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数4閲覧数245
    ダウンロード数0
  • by みんなひとり
内容説明 コメント(0件)

八洲学園大学図書館司書取得講座の資料です。学習の参考になれば幸いです。

資料の原本内容

情報サービス論 2021 年春期 第一回課題レポート
以下の二つの問いを解答せよ。
①図書館を不要だと思っている市民に対して、情報サービスの意義について踏まえながら、説得する文章を
記せ(文体や想定する状況は自由)。
②情報社会化により学習支援機能が情報サービスの中で重要視されていく過程を説明せよ。その際、レフ
ァレンスサービスの種類及び機能と、ローススティーンの中庸理論を踏まえよ。
レポート作成時の注意:①と②各 1,500 字程度。合計3,000 字程度(参考文献を明記すること。参考文献の
書誌事項記入に用いた字数には含まない)
1.「図書館不要論に対しての考察~」 評価 A
1.はじめに
筆者は、退職後の仕事を人に聞かれ、通信制大学で図書館司書資格を取得すると答えると、人
には怪訝な顔をされた。「あーカウンターで本の貸出とかの仕事ですか?」大部分の人は、こう答え
た。図書館とは、無料で本を貸してくれる場所と大部分の人は理解している。図書館サービスの一
番重要な利用者サービスであるので正解ではある。それ以外のサービスはほとんど市民の皆さん
には認知されていない。
ま..